DAIWA シーバスジグヘッドSS

スワールテール発売以来、店主レオンが様々なジグヘッドを試す中、スワシャ3.8にドンピシャであると行き着いたのがこのジグヘッド。

IMG_8261

シーバス用と謳っているこのジグヘッドはゲイブ幅やシャンクの長さがなかなか良い。
メバルやアジには少し大きいが、シーバス用とは思えないコンパクトなシルエットで実に様々な魚種にマッチする。特にカサゴやソイやハタや、またマゴチやヒラメなどのフラットフィッシュにもフィックスする万能型と言えるだろう。そしてこれが同じく万能型のシャッドワームであるスワシャ3.8inchにドンピシャなのだ。
IMG_8264

セットしてみると良く分かるが、まるでコンビネーションして作られたようにマッチングする。さらにサクサスと銘打たれているフッ素コート(フロロコーティング)フィニッシュのフックは抜群の貫通力で、フィッシングチャンスを逃さずものにする。

当初は各メーカーのRockFish用のジグヘッドを多用していた(スワシャ3.8inchに)店主だが、ある日このジグヘッドを使い始めてからはすっかりお気に入りに。シンカー形状とアイの位置のバランスがとても良く、スワシャのスイミングアクションを助長させる。

IMG_8065
IMG_8050
この二枚の写真で使用しているのは7g#3/0にスワシャ3.8inchの組み合わせだが、ご覧の通り15cm〜20cmの小型根魚でも難なくフッキングに持ち込めた。
ポイント状況は水深2〜4mの護岸沿いの捨て石周り。リトリーブで素直に喰ってきたオオモンハタと、軽くワインドを掛けて止めた瞬間にバイトしてきたカサゴだ。尺ヘッドDほどでは無いにしろ、充分にワインドアクションにも対応してくれる。

 

IMG_7668 IMG_7665

少し深場や飛距離が欲しいときには12gや21gを使用。ティップやベリーが比較的柔らかいサビオでも軽いフッキングで難なく貫通してくれるし、ゴツいロッド+フルドラグの強引ファイトでも耐えてくれる強度も嬉しい。

 

◆お勧めラインナップ 共に税抜き500円
7g #3/0(4本入り)
12g #3/0(3本入り)
21g #3/0(2本入り)

※ネコポス利用は3個まで