MicroCrawler AjingCustom 3inch

発売以来アジングワームとして不動の位置を築いた感のあるマイクロクローラーですが、その中でも店主レオンが各地での実釣による安定釣れ筋カラー三色を厳選してお届けします。

房総スペシャル(クリアーシルバーフレック)
アジ用のワームカラーとしてはスタンダードかつベーシックな純クリアーにシルバーのフレックを配したもの。使いどころを選ばず、まずはパイロットルアーとして投げるべきカラーだろう。またシルバーフレックはアミパターン時にも良い反応を出してくれる。

瀬戸内スペシャル(レモンイエロー)
どうやらこのカラーは瀬戸内にありがちなナトリウム灯下で効果が出る色のようだ。実際アジング黎明期であった10年ほど前に様々なワームの様々なカラーを試したが、イエロー系は確かに良く釣れた。そして面白いことにこの色はアジだけで無くチヌやシーバスの反応も良い。

伊勢湾スペシャル(ライトグリーングロー)
今回は釣れ筋3色をセレクトしたが、個人的に一番気に入っているのはこのカラーだ。
三色の内、マット系はこのカラーだけであるし、ラインナップとして必須であると思っている。クリアー系で当たりが止まればマットやグローというのはその先の釣果を約束してくれることが多いからだ。

房総スペシャルも瀬戸内スペシャルもシルバーのフレックなのだが、写真を見ての通り透過光の中ではシルバーに光るとは限らない。

透過光の中では煌めかずにシルエットとなって見えることも頭に入れておきたい。

そしてベイトが小魚やその他クリアーではなくシルエットがはっきりしている場合はマット系やグローなどの方が明らかに反応は良くなる。

蛍光灯に透かして下から見上げると3本のカラーはこのように見える。
もちろん空中かつ室内であるから水中での魚目線ではまた違って見えるであろうが、ラインナップとしてこの3色を選んだ最大の理由を見て取って頂けるだろう。