SUGAR MINNOW SLIM70F 超色シリーズ

縦のロッドワークでジャークさせるプラグは少ない。特有のスライドダートに加え、ステイからのライジングアクションがこのプラグの類い希な釣力を産み出すのだ。

店主レオンのプラグ戦略に欠かすことの出来ないシュガーミノースリム。今回は安定のスプリングスグリーンを新たに追加して4色のラインナップで再登場です。
※ネコポス利用は1個口で三個まで

20年近く以前から広島の一部コアアングラーにメバル用の最終兵器として半ば門外不出のシークレット的に扱われてきたが、その恐ろしいほどの対メバルポテンシャルを皆が皆口をつむったがために一般に普及することは無かった。それはメインに使用されたのが55ではなく70ということも相まって初級者には手が出しにくかったことに繋がったのだろうが、知る者にとってはそれが非常に好都合でもあった。


シルエットから察することが出来るように、出自はサクラマスなどをターゲットとしたトラウトミノーではあるが、その細身のフォルムはまるでイカナゴさながらだ。しかし広島のメバラーが目を付けたのはそのアクションにある。シュガーミノーのキビキビとしたアクションをあえて殺したワイドでゆったりとしたウォ ブリングが特徴だが、リーリングでは無くロッドワークでジャークを掛けた際に大きくスライドする動きは他のミノーには出せない動きでありまさしく弱ったイ カナゴそのものなのだ。

またこのプラグがコアなメバルアングラーに支持されている背景にフィールド条件がある。それは灯り付き堤防で釣ることの多い瀬戸内メバリングでは海面と足場の落差が非常に大きいポイントが多いからである。こういうポイントでは通常のショートリップミノーでは角度が付きすぎると上手く引けないのに対し、このロングオフセットリップはゆっくりとしたリーリングでもしっかりと潜り、キッチリ足下まで引けるところがまさしく堤防メバリング向きなのである。


使いこなすキモは潜らせておいてから連続ジャークでイレギュラーダートをさせて止める。これを明暗の境目でやる。そしてオープンで誘うときはデッドスローなリーリングからのロングステイ。ウォブルがゆったりであるからリトリーブ中にもヒットは訪れるが、ステイからのスローなライジングがこのミノーの最大の魅力だろう。浮かび上がって水面へ出掛けた時にメバルが猛然と襲いかかることが少なくないのだ。この際、念頭にしっかりと置いて欲しいことがある。ロングリップのこのプラグをキチンとアクションさせるためには助走(ディスタンス)が必要だ。足下を狙う場合であってもキャストはオーバーディスタンスでキャストしてしっかり潜らせ、喰わせのポイントまでゆっくり引いてきてから縦のジャークでアクションさせ、止めて浮かせるのだ。

今回ようやくそのベールを脱いだシュガースリムだが、メバル用に10色ほどテストした中から特に成績の良かった物3色をリリースした。
◆ブラックウイドウ
スモークブラックのゴーストカラーで常夜灯下でシルエットがぼんやり見えることを狙った。ボディ全面に配したシルバーグリットでアミパターンやバチパターン下でも効果的な季節を選ばないパイロットカラーでもある。
◆ハイパーイカナゴ
そのものズバリのネーミングであり、イカナゴの気配を感じたら迷わず投入だ。ボディサイドのシルバーペイントは角度によってクリアーになったりフラッシングを起こしたり明滅する。また側線より上のブルーラインと背中のブラウンも透過光で透かして捻ると理解できるが、ロールの際に明らかに見え方が変わるのだ。
◆ライジングスター
夕日や朝日をイメージしたボディカラーだが、瀬戸内のプラッギングに欠かせないチャートカラーをゴーストで施し、サイドのホログラムとベリーのレッドで存在を強調させている。
このカラーは特にスローリトリーブからの【ライジング】で使ってみて欲しい。リトリーブではシュガーミノーより深いレンジをトレースし、そこからゆっくりと浮かび上がる事で徐々に見え方が変わり、水面へ出掛ける寸前にベリーのレッドが細いシルエットとなって強調されてメバルに最後の一押しのスイッチを入れてくれるのだ。

そして今期、シュガーミノー40&50から産まれた銘カラーとも呼べるスプリングスグリーンをこのスリム70Fにも移植。めばるプラッギングカラーローテにおいて欠かすことの出来ないカラーとなってしまった感がある。

アクション&実釣