メバペン【超色GreenEyes】会員限定予約生産開始!

超安定釣果、瀬戸内が育んだメバリングペンシルの代名詞【メバペン&メバペンマグナム】のスペシャルな超色企画が実現しました。
ジェイドINXカスタム同様にインクスラボとスミスプロダクターの綿密なミーティングから産まれた、これまでのカラー理論やフラッシングやホログラムの組み合わせを超越した【美しくて釣れる超色】の誕生です。店主レオン同様、メバルLOVEの強い方へ贈るスペシャルプレゼント企画でもあるのです。

ご注意
今回のスペシャル超色メバペンの販売は「フィッシュイン(会員)のみ」となります。フィッシュイン会員の皆様に確実に入手して頂くために「予約生産方式」を採用し、また転売等を避けるためにもお一人様一サイズ一色三個までの限定となりますのでご注意の程よろしくお願いいたします。また、お届けは11月頃となりますので、他の商品と同じ買い物カゴには入れないで下さい。

【ご予約期間】
5月18日開始〜5月31日締め切り
出来上がり予定】
2017年10月下旬
【フック&パーツ】
メバペン:スミスメバルフック12番 スプリットリング0番 グリーンアイシール
メバペンマグナム:がまかつトレブル17#8番 スプリットリング1番 ニュージーランド
黒アワビ製アイシール

※ネコポス可能商品(一口3個まで)

カラーは5色展開です。超色シリーズの証が一目で分かるよう、メバペン、メバペンマグナム共に【グリーンアイ】にしました。さらに小型のメバペにはリアのバイトマーカーとなるグローボールをこれも今までスミス社には無かった【ピンクグローボール】を採用しアピールを高めました。また各カラーはインクスラボがコレまでに手掛けてきた数々の超色シリーズの釣果実績や、レオンの現場データの蓄積からなる、様々なロケーションに対応すべくペンシルベイトに特化させたカラーリングを施されています。

まずご注目頂きたいのはフルソリッドカラーの【ホワイトギャラクシー】です。メバル用ペンシルと言えばクリアーが一般的に一番釣れるとされていますしそれ自体は間違いではありません。しかし真逆にソッリドカラーが圧倒する事が多いのもまた事実。特にホワイトカラーは水中ではシルエットがハッキリしない膨張色であり、メバルが良く釣れるワームカラーとして元来重用されてきました。【ホワイトギャラクシー】ではさらにグローグリッターをボディ全体に散らし、アミパターンでも特に厄介な「ライズは無数にあるのにバイトが無い」ミジンコレベルのプランクトンパターンや、闇ポイントや、また東京湾などのバチパターン時に強く作用するよう考えられました。

【稚モイカグロー】は見た目の通り仔イカパターンで活躍するカラーリングです。前作のメバペン超色「コイカグロー」の顕著な実績をさらにモディファイさせ、見た目にも可愛らしいアオリイカの雄の幼魚の模様をモチーフにしました。ありがちなボディ全体に及ぶ「フルグロー」を配し、アオリイカ模様のマスキング部分「のみ」にグローを使用しました。仔イカが危険時に強く発する背中の模様を模し、安心感を与えつつも食欲をそそらせるカラーリングです。仔イカパターンでの注意点としては、シーバスやチヌなどの大物ゲストのヒットが多くなりますのでラインは太目強めのセッティングで望みましょう。

この二種のグローカラーにブラックライト(紫外線)を当てると人の目にもこのように見えます。ソリッドカラーの【ホワイトギャラクシー】はボディシルエットが消え、全体に散らした「大粒グローグリッター」のみが浮き上がって見えます。まさしく名前の由来となった銀河に瞬く星屑のようです。一方のクリアーカラーの【稚モイカグロー】はボディシルエットが比較的くっきりとし、背中のグローモイカ模様のマスキング部分が明るく映えます。

蓄光させた後、ライトを消して暗闇の中で撮影するとさらにその特性が際立って見えます。魚からどう見えているのか実際の所は誰にも分かりませんが、少なくともこの二つは同じグローカラーでも全く異種のものであることが理解して頂けるはずです。この二種のグローがヒトの推論だけでは解明できない、メバルたちが持つ食性の何らかへ訴えかけてくれることは容易に想像が出来るでしょう。

残りの3色【クリアーレーザー】【アップルレーザーGG】【キウイレーザーSG】は共にサイド部のみに「クリアーレーザーホロ」を入れてあります。これは【ジェイドINXカスタム】に施した腹部のみに貼ったハーフミラー同様に「反射と透過」のニンジャ効果を狙ったものですが、一般的なホロシールやジェイドSPのハーフミラーよりも弱く、波の揺らめきでわずかに明滅するように計算されています。

3色中では【クリアーレーザー】が最もこの機能特徴(ニンジャ効果)を強く打ち出しています。見る角度によっては完全なクリアーとなり、または細く一筋だけが反射したり、サイド部がレーザーホロ特有の虹色に輝くなど、通常のクリアーやゴーストカラーでは得がたい魅力を放ちます。

【アップルレーザーGG】にはSPMブラウンホロリウムでもその多大な実釣力を発揮した「オレンジ効果」を採用。ナトリウム常夜灯下などでめっぽう強いカラーをより活かすため、アミパターンに合わせて金色の「中粒グリッター」を配してリンゴカラーとの相乗効果を狙っています。

【キウイレーザーSG】はゴーストカラーでありながら5色中ではホワイトギャラクシーに続くアピールの強さを狙ったカラーリングです。ボディ全面に「小粒シルバーグリッター」を濃密に吹き付けました。このグリッターによるフラッシングは一般的なホログラムシールよりはメロウなフラッシングであり、メバルの好きなグリーンカラーと相まってシラスパターン時などで目立ちながらも安心して口を使わせるカラーとなっています。

メバペンマグナム【Hook parts】
メバペンマグナムは名前こそ「メバペン」と冠されていますが、純正フックを見ても分かるようにメバルに特化されたものではありません。チヌやシーバスを強く意識した中軸が装着されており、正直メバルには少し厳しい太さです。したがってインクスラボではマグナムにメバルに見合ったフックに換装いたしました。少し高価なフックなのですが、当店フィッシュインではすでに「触れなば刺さらん鬼掛けチューン」のフレーズでお馴染みとなっている「がまかつトレブル17#8番」を採用しました。コンパクトなシルエットのこの8番フックは線径もメバルフックRD 12番とほぼ同等の細軸で、触れバイトでもキッチリ拾ってくれる秀逸な渓流用フックです。ただし針先が細く鋭いためフックポイントは潰れやすいので早めの交換と外す際などの取り扱いには注意が必要です。

メバペンマグナム【Eye parts】
今回の超色企画「GreenEyes」ですが、実はグリーンアイシールはメバペンサイズしか用意が無いため、メバペンマグナムには思い切ってスペシャルな【ニュージーランド黒アワビ】を使用した本アワビ目玉を採用することにしました。これも通常の目玉の数倍する高価なものなのですが、フィッシュイン会員の皆様の日頃のご愛顧に応えるべく、がまかつHookと共に店主レオンがちょっと頑張って奮発したと思って頂ければ幸いです。だからこその「会員限定予約生産」でもあるのです。

ご注意:アワビ目玉は天然アワビをスライスして作っていますので、一つ一つ色や模様が異なります

またマグナムは軽量フックを採用するに当たり、オリジナルのままのシンカーウエイトでは浮き姿勢が変わってしまうためにリアのシンカーをがまかつTreble17#8に合わせて調整してあります。

意味と目的等、詳しくはレオンブログ【超色メバペンマグナムのカスタムについて】にてご覧下さい。