GOD'n Vib tiny(こっつんバイブ)

  ゴッツンバイブにファン待望のタイニーサイズが登場! アジや小型メバルに的を絞ったコンパクトなネイルサイズ。ボトムセンサーノーズ・4Eye・天然アワビ目玉はゴッツンそのままに、キュートなカラーリングに加えてカルティバトレブルフックST36TN#16を搭載し、メタルバイブでは乗りにくいアジや小型魚に対応。港湾ハードベイトライトゲームに欠かせないアイテムとなります。

 

GOD’n VIB tiny
レングス&ウエイト:35mm/4.3g フック:ST36TN#16 価格:850円

【ご注意】 ・ネコポス利用は3個まで。ただし8色セットは不可となります Cotzn_Poster_B3 【ご注意】 ・ネコポス利用は3個まで    

 

一般的なアジメバロッドでも扱えるウエイト、かつメタルルアーの武器でもある「リアクションバイト」を促すフォールの早さを保持した「4.3g」という絶妙な重さ。 DSC06149

 

  ロケーションに応じて姿勢やバイブレーションの強さを変えることの出来る4Eye及びボトムセンサーノーズ機構と、ベテランアングラーならその集魚力の高さを誰もが知る天然アワビ目玉を搭載。 DSC06174 2

 

       

【カラーラインナップ】
※メッキカラー二色を除く全色の「背部or腹部」にケイムラUVを塗装

 

#011 インクスタイガー(日本アワビEye/レッド)
北米で昔から「ホットタイガー」と呼ばれる配色。 ルアーカラーの王道であるレッドヘッドと共に、100年の時を超えてきたこのマットカラーは釣れるカラーの代表でもある。 DSC06164

 

 

#091 フラッシュキャンディ(NZアワビEye/ナチュラル)
ホワイトベースで頭部にピンクを、背部にイエローを配色したキャンディカラー。 パイロットとカラーとして使用されることが多い。 DSC06170

 

 

#031 パンカビ(NZアワビEye/ナチュラル)
フルグローを良しとせぬレオンの基本概念と、インクスラボが産み出した特有の配色。 アゴと腹部及びドット模様の中にグロー塗料を配して根魚を怯えさせずアピールする。 DSC06169 2

 

 

#092 ジャムパンカビ(日本アワビEye/レッド)
グローのギミックはパンカビと同じだが、甲殻類パターンを意識したピンクボディとレッドEyeだ。 DSC06171

 

 

#051 グルクングリーン・ホロシート(NZアワビEye/ナチュラル)
グリーンボディにチャートバックはメタルジグに良く使われる配色だ。 土佐カブラが緑であるように日中晴天時に強いカラーでもある。 DSC06172 2

 

 

#061 アカグリキン・ホロシート(日本アワビEye/レッド)
赤と緑と金の組み合わせはオフショアのメタルルアーで最も人気が高く、高実績のカラーリングだ。 DSC06165 2

 

 

#071 モッキーブライト・銀メッキ(NZアワビEye/ナチュラル)
#081 モッキーロイヤル・金メッキ(NZアワビEye/ナチュラル)
この二色はインクスフィールドスタッフの中でも特にハタゲームに熱心な「田中もきぎ」の強い要望で産まれた。 DSC06167

金メッキ、銀メッキというのはスプーンを始めメタルルアーの王道だが近年このシンプルなカラーリングはあまり使われなくなったが、 インクスラボの手によりスタイリッシュに産まれ変わったこの二色はとても魅力的だ。

DSC06166

 

 

 

 

【ご注意】 ・ネコポス利用は3個まで。ただし8色セットは不可となります