スタジオOceanマーク HOOK REMOVER

ちょっと贅沢品だけど、持っておきたいお洒落なスグレモノ
さすがStudio OceanMarkさん 細部機能にこだわりが有り そしてデザインも素晴らしい

DSC03384

DSC03382

 

 

 

Recommend

3つの点で針を支える構造
高いホールド力は“3つの点”から
人は鉛筆を持つとき、2本ではなく3本の指を使います。なぜでしょうか。答えは簡単です。支える“点”が多くなる3本指のほうが押さえる力が高く、動きも安定するからです。魚からフックを外す作業も同じです。プライヤーはその構造上、2つの接触点でしか針を押さえることができず、断面の丸いフックはどんなに強く握っても、滑る、角度が変わる、力が伝わらない等の問題に直面します。この点、3つの点でフックをホールドするフックリムーバーは、鉛筆の例と同様に押さえる力が高まります。フックが滑ったり角度が変わったりしづらく、フックに十分な力を伝わり、「押す」「引く」「捻る」といった針を外す動作も安定します

 

 

 

人と道具の一体感を生むトリガーハンドル。プライヤーと異なり肘から先がまっすぐな状態で操作可能。
人間工学に基づいたデザイン
フックリムーバーの人間工学に基づいたデザインは、「押す」「引く」「捻る」の動作の質を一層高めます。手に馴染むトリガーとEVA製ハンドルは、握り込むことによって人と道具の一体感を高め、動作の精度と力の伝達を向上させます。
またプライヤーのように操作時に手首が不自然に曲がることがなく、手首をまっすぐ自然な状態にして使用できるため、手や腕の力を無理なく道具に伝えることができます。フックリムーバーは肘からギャフまでが一直線。まるで自分の手の延長のような操作感です。

 

安全性強く、軽く
強さか、軽さかひとつを選ぶ必要はありません
釣り人のパートナーと呼べる製品には、いつでもどこでも気軽に持ち歩ける軽さと、過酷な状況を重ねてもいつまでも使える強さが必須の条件。フックリムーバーは、高い負荷が掛かる部分には強度を重視したステンレスを採用。その他の部分には、航空機の部品にも使用される超々ジュラルミンなど、軽量な各種アルミ合金を選びました。各パーツに求められる強度を考慮し、その部分に最適な素材を最適な大きさで配置しています。性能を長期間保つため、摺動部には高性能グリスを塗布しました。

〈メンテナンスについて〉
フックリムーバーはウェーディングなども想定して設計されているため、日常のメンテナンスは水洗いのみで構いませんが、定期的に弊社のオーバーホールサービスをご利用いただくと、より長く商品をご使用いただけます。

 

 

modes

HOLDモードとTURNモード

HOLDモードとTURNモード
 
 
HOLDモードの使い方
HOLDモードの使い方
トレブルフック、シングルフックに対応。針を確実に固定し、各動作を正確に行うためのモード。フッキングの位置や角度に応じて、力の伝わりやすい場所(軸またはゲイブ)を掴み、「押す」「引く」「捻る」を使い分けてフックを外してください。プライヤーでは難しかった魚の口の奥へのフッキングでも、素早く正確で、魚へのダメージの少ないフックリムーブが可能になります。
TURNモードの使い方
TURNモードの使い方
シングルフックに対応。フックが外掛かりしたときに使用。トリガーを握りこむことによってフックが回転し、簡単にフックが外れます。スローピッチジャーク等で多点フックを使用する場合には、テンポよくフックを外していけるTURNモードが真価を発揮することでしょう。素早いフックリムーブは、魚の活性が高まったタイミングに釣り人から釣りに集中する時間を奪いません。小型魚の場合はリーダーを掴みながら使用することで、自動的にフックを外す(リリースする)ことも可能です。

使用例

シングルフック使用時
トレブルフック使用時
 
 
 
 
 
フィッシュインお勧め2機種
HR150M & HR130S
DSC03355 2

スーパーライトジギング/タイラバ/サーフキャスティングなど
トリプルフック#1/0〜#10、シングル#1前後のライトクラス

 

HR150M
HR180の設計思想をコンパウトボディーに収め、中型マグロ類やシイラなどのプラグ用フックブリ族を中心とした近海ジギングにベストサイズです。また、スローピッチジャークにおける多点フックにおいては最大の効果を発揮します。 

 

HR130S
ターン/ホールド切替仕様なので小型のシングルフックやトリプルフックに対応します。
ショアーキャスティングでプラグやジグを使用するアングラーや、スーパーライトジギングやタイラバに最適なサイズです。