1stテーマ「メバルプラッギングの全て」

動画の再生にはログインが必要です。

【メバルプラッギングの全て】 Case Study(3)劇釣サーフェイス編

      価格:756円(税込)    配信開始:2017/03/23      公開日:2017/03/23

動画内容紹介
今回の動画では水面および水面直下のTOPゲームを中心に収録。
ペンシルベイト、スイッシャー、ポッパーなどで様々なアクションをするTOPウォータープラグ。

「TOPゲーム=エキサイティングな釣り」という認識をお持ちのアングラーは少なくないだろうが、
あなたは「TOPゲーム=釣れる釣り」という公式を知っているだろうか。

Inxlabelプロダクトにおけるルアーの多くがTOP・サブサーフェースである理由が
体現され体感できる本動画。

これほどまでにそれぞれのルアーが持つ特色が、
分かりやすく表現された釣り動画を目にすることはなかなか無い!

動画内で氏から出たパーフェクトゲームと言う言葉。
その言葉がこの動画の価値を正に表していると感じました

なお、収録中のお茶目なシーンや時折飛び出すウィットなジョークも私的には見所です(笑)
※インクスプロダクツ多数収録、その他注目プラグあり
※インクススタッフ登場

今回最初のシチュエーションは、灯り付堤防。
これが驚きの「CB70ドリフトペンシルで釣れないシーン」からのスタート!?
なぜ、釣れない場面を収録するのか・・・。

その理由が、続くシーンで明かされます。

シリーズ通して描かれるマッチザルアーの概念。
「○○は、釣れない」「ワームで十分」など、良く耳にするフレーズだが、
もしその概念を払拭し、一歩踏み出せば、エキサイティングでスリリックな新しい世界が待っているかも知れない。

まだまだ見つかるメバリングの楽しい釣れ方!

こんなことを言うと誤解を招くのかもしれないが、これまでのシリーズと比べても、
LEON氏の語るコトバの節々に込められる「テクニック」と「妙味」の密度たるや正に「究極」である。

今回の動画の見所のひとつがトーピードへのアタックシーン。
基本ナイトゲームといったこともあり、
しっかり見ることの出来ないHITシーンですが、
今回激写された映像は、普段聞く「ポチョ」という捕食音からイメージするルアーへのアタックとは違いました!

ぜひ、動画でその瞬間を見て頂ければ!

当シリーズを見ていただいている諸兄は目にされ体感されていることと思いますが、
今回の動画でもヤハリ体現されるサイズ感のリアル。
普通サイズのメバルが、普通の場所で、普通?じゃないサイズのルアーで釣れる現実は、普通なのです。

もし、もしですよ。
TOPプラグや、7cm以上のプラグでメバルは釣れないって言ってる人がいたら、この動画を教えてあげてください。

ラストのシチュエーションでは、インクスフィールドスタッフの古賀くんが、登場!
二人の釣りから、時々のマッチザルアー・マッチザアクションの変化を見事に収録。
「僕はアジンガーですから」と謙遜する古賀君。
インクスムービーと言えば、LEON氏ですが、古賀君の登場で、
また新しい境地を期待してしまいます。

ご購入者様レビュー

ルシールさんのレビュー

分かりやすい

★★★★★
みたらトップゲームをやりたくなる動画!状況ごとに説明があり分かりやすい!
2017-11-07 19:03:46
たかしさんのレビュー

参考になります

★★★★★
二人が並んでのシーン
レンジ、ルアーサイズが合うか合わないで凄く釣果の差が出るのにはビックリです。
2018-01-27 17:06:01
Fさんのレビュー

トップゲームの醍醐味をみせていただいた

★★★★★
トップゲームは今まであまりしていませんでしたが、先日実釣し実感できました。セイゴ相手にトップゲームを展開、シンキングで口を使わなかったセイゴがトップであたってきました。今冬のメバリングでもやってみたいと思います。
2018-10-01 00:08:26
  ログインしてレビューを書く
関連動画
vol1psdのコピー.jpg
thumbs.jpg
1000-563bn.jpg
スクリーンショット-2017-03-19-15.22.36-600x450.png

PAGE TOP